ようこそ古屋洋蘭園へ!

7月に入りましたが、梅雨待つ只中で雨の日が続いています。畑や田んぼ・山々の木々には恵みの雨ですが、胡蝶蘭にとってはもっとも注意しなければならない高温多湿な時期です。適度な湿度は必要ですが、締切の室内では空気を撹拌し換気に注意して下さい。葉が軟腐(溶けるように腐る)になったり、ポトリチス(花にでる黒い点のカビ)が蔓延したりします。花にも人にも換気は大事です。

今月も古屋の胡蝶蘭を宜しくお願いします・

 

 

ロイヤルシルク

 

 

当社の白大輪の胡蝶蘭ロイヤルシルクは、タイ北部のチェンマイの契約農場で培養から開花株になるまで育て、毎月日本に持って着て開花させて出荷します。現地は日本人のスタッフが中心となり、広大な温室で作業をしています。強い日差しと山間部の冷涼な空気の中ですくすくと育った苗は、コンピューター制御の温室育ちの苗と違い根が強く葉が厚いしっかりした苗になります。その苗から咲いた花は、大きく肉厚で非常に花持ちが良く見応えのある花が咲きます。

 

花を購入するのもネットで選び宅配で送る事が多くなりました。予算で選び画像を見て注文します。実物を見て選ぶには、こだわりが有り知識が豊富な生花店で選ぶのが最善だと思います。ネット通販の時代で残れる物は、画像だけ見て選んでも期待通りで満足出来る商品です。ロイヤルシルクは十分に満足して頂ける花です。<古屋のロイヤルシルク>どうぞ一度お使い下さい。